ニュージーランドではまった鹿肉の味

5年ほど前に、海外旅行でニュージーランドを訪れたときに、初めて鹿の肉をいただきました。

ヴェニスンという名前でメニューに書いてあって、それが何かわからなかった私は怖いもの見たさというか好奇心にかられて、ウェイターさんに質問することもなく(英語に自信がなかったからですが)オーダーしてみました。

出てきたのは赤身の肉のステーキで、赤いフルーツのソースがかかっていました。私は、その見た目から何か特別な牛か羊の肉だろうかと思いながら、食べてみました。

口に入れてすぐに独特の風味が広がります。これは完全に牛肉とは違う。私はマトンが好きなのでよく食べるのですが、それともだいぶ違った風味で、もっと野趣あふれるといった感じの味です。

上手に調理されていて、まわりは焦げ目がつくほどに焼いてあっても中はほんのりピンクで、霜降りほどやわらかくはありませんが肉汁がしっかり閉じ込められていて噛むとじゅわっとあふれ出すというすばらしい焼き加減。

そして日本人には馴染みにくいフルーツのソース(たしかプラムソースとメニューに書いてあったと思います)の味も野性味あふれる肉の臭みを中和する見事なコンビネーションでした。まったくシェフの力量に脱帽です (≧∀≦ゞ

あとでそのヴェニスンが鹿肉だと知ったのはホテルに戻ってからで、ネット検索で調べました。

鹿の肉ですから、おそらく野生のものだったのではないかと思います。あの肉の感じは歯触りがとくに独特で牛のようにわりとじっとしているタイプの動物のものではなく、野山を駆け巡る動物のこなれた筋肉といった感じで、脂肪分が少なく、やわらかくはないけれどしなやかな歯触りはほかの肉ではなかなか得られない食感です。

野山を駆ける鹿の姿が目に浮かび、すばらしい命をいただいたなあと、なんだか自分まで元気になった気がしました。日本で鹿肉はなかなかお目にかからないですが提供してくれるお店もあります。

日本でいただくものはニュージーランドで食べたものよりも癖がないような気がします。でも食感としては同じ、しなやかな歯触りを持つ肉の味わいで、今でも時々はお店に食べに行ってそのたびに元気をもらって帰ってきます。

 

足のむれむれ

私は暑がりの上にあせっかきです。足汗以外にもわき汗やひたいの汗がねっちょりとしています。

足汗に関してですが、家にいる時は普通なのですが、職場ではスニーカーを履いているので、蒸れてかなり臭くてたまりません。

しかも夏場突入すると更に最悪です。スニーカー履いていますが、靴下を履いていると見映えが悪いため、必然的に黒のタイツかストッキングのみになります。

その為余計に蒸れてしまうので、家に帰ると物凄いにおいがします。においが相当きついのです。

私の仕事は、基本的にタイツかストッキングのみ着用となります。別に靴下でも良いのですが、誰もおらず、また靴下をはいていたら同じスタッフさんから突っ込まれてしまったので、それ以降は履いていません。

お風呂に入れば大体のにおいはとれるのですが、ストレスや生理中やその近くになってしまうと、足汗が更に出てきてしまいにおいが最強に臭くなってしまいます。

一応そうゆう時は足を重曹入りのお湯に付けていますが、毎日は出来ないのでどうしようもありません。

一度友達から足くさいと言われた時は地味にショックを受けました。しかも普段はその友達の方が足がくさいので、言われたのがめちゃくちゃショックでした。

試しに自分が普段履いているスニーカーを匂ってみましたが、さらにきついです。

本当は洗えばいいのでしょうけどね。

実は私の職場は本当は支給品のサンダルがあるのですが、残念なことにこの支給品のサンダルは粗悪品ですぐに壊れてしまいます。

年に3回くらい壊れるので、あまりはきたくありませんでした。私のはきかたがざついと言われている訳ではなく、これは全員同じくらいで壊れます。

よく動き回るので、すぐに壊れてしまうのです。スニーカーだと壊れる心配はないし、丈夫なので良いかなと思ったのですが残念です。

どうしようかと思っていたら足の裏の汗の解消法を特集したホームページがあってそこを参考にしています。

重曹入りのお湯の対策だけでなくいろんな足汗対策が紹介されていて助かってます。

これからさらに暑い季節になるので細心の注意を払っていきたいと思います。

 

いちごの収穫

最近のマイブームは、子供と一緒に育てているイチゴを観察することです。

もともとイチゴが大好きな子供なんですが、秋ごろに『イチゴを育ててみたい』と言い出したので苗を買いにいきました。
それから、子供と一緒にプランターを買いに行き、苗をプランターへ移しかえ毎日水やりをしています。

初めは全然変化のなかったイチゴも、少しずつ葉っぱが大きくなり成長してきました。ですが、まだ実がなっていないので子供からすればどのようにしてイチゴがなっていくのかが全くわかっていなかったので、とりあえずイチゴ狩りへ連れていってイチゴのできた様子を見せにいきました。

ずらっとたくさんの並んだイチゴをみて子供は『すごーい、イチゴはこうやってできるんだね』と。イチゴがどうやってなっているのかもわかったし、美味しいイチゴを食べれて大満足な子供。

それから毎日、あんな風にイチゴがなるかなっといいながら水やりをしていましたが全然花が咲きません。私も育てたことがないので全くわからずとりあえず様子を見ることにしました。

すると、ある日突然葉っぱが茶色くなってしまいました。子供に見せると『イチゴさんが病気になってしまった』と悲しそうな顔をするので、インターネットなどで調べてみたら茶色になった葉っぱを抜けば新しい葉っぱが生えてくると書いてありました。

やってみると、みるみる新しい葉っぱが生えてきたんです。そしてそれからしばらくして葉っぱから花が咲きました。それを子供に見せてやると、『うわー花が咲いてる』と、大喜び\(^-^)/

だんだん私も毎日イチゴの観察を子供とするのが楽しみになってきました。そして、成長している子供をみれる嬉しさもありイチゴを育ててよかったなと思っています。

まだまだイチゴの実がなるには時間がかかりそうですが、だいぶ葉っぱも大きくなり花もたくさん咲いてきました。イチゴになるまでもう少しの時間、毎日子供と水やりをしながら観察を続けてイチゴができたら子供と一緒に食べたいです。今から楽しみだな~。