ニュージーランドではまった鹿肉の味

日記

5年ほど前に、海外旅行でニュージーランドを訪れたときに、初めて鹿の肉をいただきました。

ヴェニスンという名前でメニューに書いてあって、それが何かわからなかった私は怖いもの見たさというか好奇心にかられて、ウェイターさんに質問することもなく(英語に自信がなかったからですが)オーダーしてみました。

出てきたのは赤身の肉のステーキで、赤いフルーツのソースがかかっていました。私は、その見た目から何か特別な牛か羊の肉だろうかと思いながら、食べてみました。

口に入れてすぐに独特の風味が広がります。これは完全に牛肉とは違う。私はマトンが好きなのでよく食べるのですが、それともだいぶ違った風味で、もっと野趣あふれるといった感じの味です。

上手に調理されていて、まわりは焦げ目がつくほどに焼いてあっても中はほんのりピンクで、霜降りほどやわらかくはありませんが肉汁がしっかり閉じ込められていて噛むとじゅわっとあふれ出すというすばらしい焼き加減。

そして日本人には馴染みにくいフルーツのソース(たしかプラムソースとメニューに書いてあったと思います)の味も野性味あふれる肉の臭みを中和する見事なコンビネーションでした。まったくシェフの力量に脱帽です (≧∀≦ゞ

あとでそのヴェニスンが鹿肉だと知ったのはホテルに戻ってからで、ネット検索で調べました。

鹿の肉ですから、おそらく野生のものだったのではないかと思います。あの肉の感じは歯触りがとくに独特で牛のようにわりとじっとしているタイプの動物のものではなく、野山を駆け巡る動物のこなれた筋肉といった感じで、脂肪分が少なく、やわらかくはないけれどしなやかな歯触りはほかの肉ではなかなか得られない食感です。

野山を駆ける鹿の姿が目に浮かび、すばらしい命をいただいたなあと、なんだか自分まで元気になった気がしました。日本で鹿肉はなかなかお目にかからないですが提供してくれるお店もあります。

日本でいただくものはニュージーランドで食べたものよりも癖がないような気がします。でも食感としては同じ、しなやかな歯触りを持つ肉の味わいで、今でも時々はお店に食べに行ってそのたびに元気をもらって帰ってきます。

 

足のむれむれ

日記

私は暑がりの上にあせっかきです。足汗以外にもわき汗やひたいの汗がねっちょりとしています。

足汗に関してですが、家にいる時は普通なのですが、職場ではスニーカーを履いているので、蒸れてかなり臭くてたまりません。

しかも夏場突入すると更に最悪です。スニーカー履いていますが、靴下を履いていると見映えが悪いため、必然的に黒のタイツかストッキングのみになります。

その為余計に蒸れてしまうので、家に帰ると物凄いにおいがします。においが相当きついのです。

私の仕事は、基本的にタイツかストッキングのみ着用となります。別に靴下でも良いのですが、誰もおらず、また靴下をはいていたら同じスタッフさんから突っ込まれてしまったので、それ以降は履いていません。

お風呂に入れば大体のにおいはとれるのですが、ストレスや生理中やその近くになってしまうと、足汗が更に出てきてしまいにおいが最強に臭くなってしまいます。

一応そうゆう時は足を重曹入りのお湯に付けていますが、毎日は出来ないのでどうしようもありません。

一度友達から足くさいと言われた時は地味にショックを受けました。しかも普段はその友達の方が足がくさいので、言われたのがめちゃくちゃショックでした。

試しに自分が普段履いているスニーカーを匂ってみましたが、さらにきついです。

本当は洗えばいいのでしょうけどね。

実は私の職場は本当は支給品のサンダルがあるのですが、残念なことにこの支給品のサンダルは粗悪品ですぐに壊れてしまいます。

年に3回くらい壊れるので、あまりはきたくありませんでした。私のはきかたがざついと言われている訳ではなく、これは全員同じくらいで壊れます。

よく動き回るので、すぐに壊れてしまうのです。スニーカーだと壊れる心配はないし、丈夫なので良いかなと思ったのですが残念です。

どうしようかと思っていたら足の裏の汗の解消法を特集したホームページがあってそこを参考にしています。

重曹入りのお湯の対策だけでなくいろんな足汗対策が紹介されていて助かってます。

これからさらに暑い季節になるので細心の注意を払っていきたいと思います。

 

いちごの収穫

日記

最近のマイブームは、子供と一緒に育てているイチゴを観察することです。

もともとイチゴが大好きな子供なんですが、秋ごろに『イチゴを育ててみたい』と言い出したので苗を買いにいきました。
それから、子供と一緒にプランターを買いに行き、苗をプランターへ移しかえ毎日水やりをしています。

初めは全然変化のなかったイチゴも、少しずつ葉っぱが大きくなり成長してきました。ですが、まだ実がなっていないので子供からすればどのようにしてイチゴがなっていくのかが全くわかっていなかったので、とりあえずイチゴ狩りへ連れていってイチゴのできた様子を見せにいきました。

ずらっとたくさんの並んだイチゴをみて子供は『すごーい、イチゴはこうやってできるんだね』と。イチゴがどうやってなっているのかもわかったし、美味しいイチゴを食べれて大満足な子供。

それから毎日、あんな風にイチゴがなるかなっといいながら水やりをしていましたが全然花が咲きません。私も育てたことがないので全くわからずとりあえず様子を見ることにしました。

すると、ある日突然葉っぱが茶色くなってしまいました。子供に見せると『イチゴさんが病気になってしまった』と悲しそうな顔をするので、インターネットなどで調べてみたら茶色になった葉っぱを抜けば新しい葉っぱが生えてくると書いてありました。

やってみると、みるみる新しい葉っぱが生えてきたんです。そしてそれからしばらくして葉っぱから花が咲きました。それを子供に見せてやると、『うわー花が咲いてる』と、大喜び\(^-^)/

だんだん私も毎日イチゴの観察を子供とするのが楽しみになってきました。そして、成長している子供をみれる嬉しさもありイチゴを育ててよかったなと思っています。

まだまだイチゴの実がなるには時間がかかりそうですが、だいぶ葉っぱも大きくなり花もたくさん咲いてきました。イチゴになるまでもう少しの時間、毎日子供と水やりをしながら観察を続けてイチゴができたら子供と一緒に食べたいです。今から楽しみだな~。

 

どうにも解消しない脇腹の贅肉がもどかしく

日記

本格的にダイエットに取り組み始めてから約1年。運動・食事をメインに工夫を凝らし、またなるべくストレスを溜め込まない生活を心掛けてきたつもりでしたが、思ったよりも見た目の効果が感じられず、ちょっとモヤモヤ感が溜まっている今日この頃です。

いや、日々記録を取り続けている体重の面から言えば、確かに最も太っていた頃と比較して7キロ近く減量し、それだけを見れば成功と言えなくも無いでしょう。ただ私にとって大きな不満だったのは、一番気にしていた脇腹部分の余りの変化の無さ。

当初はこの部位だけ、このブヨブヨと贅肉が溜まった脇腹さえスッキリしてくれれば他は文句は言わない、という覚悟でダイエットをスタートさせたのですが、結果としてこの部分だけ贅肉が殆ど落ちていないという事実に、かなりガッカリさせられてしまったのです。

服を着ればそれ程目立ちはしませんが、少しでも薄着になったり裸になったりするとあっという間に分かるもの。他の部位はスッキリしているのに脇腹だけがボコッと突出していて、かなり恥ずかしい状態。

確かにダイエットの過程において最も贅肉が落ちにくい部分が脇腹であり、それらを退治するにはそれ相当の期間と覚悟が必要になる、という事は分かっていました。ですが自分としてはそれに等しい摂生を1年近く続けてきたに関わらず、ここまで効果が出ないとなると納得がいかないのです。

自力で取り組める範囲の心掛けは殆どやり尽くしてきた感があり、もしこれに上積みをするとなれば、更なるコストを掛け新しいアイテムやサプリメント、食品を購入し実践するしかないといった具合。もちろんここまで来て引き下がる訳にはいきませんから、何らかのアイテムを購入し効果を期待するしかないでしょう。

本当に自分に効果があるのか不明なままこれらのアイテムに手を出すのは本当はやりたくなかったのですが、ついこの間までは仕方なくその可能性が高そうなアイテムを物色していたんです。

でも、「確実に痩せるダイエット」ってところを発見して見てみると、私のダイエット法が根本的に間違っていたことが判明したんです。サプリやアイテム以前の問題だったんですよね…。

そして、そのサイトの情報を元に無理をしないで確実に痩せる方法を実践中です。こんなんで痩せるの?というゆるいダイエット法なんですけど、しばらくはこれでいきたいと思います。

ゆっくり脇腹のお肉をなくしていきたいと思います。

 

妊娠中から産後の便秘がひどかった

日記

小さい頃からあまり便秘にならずに育ってきましたが、妊娠中から便秘になり、産後の授乳期にかけて症状が酷くなりました。

妊娠中にはホルモンの影響で筋肉が弛緩し、腸のぜん動運動が鈍くなります。これはホルモンの関係なのでどうしようもないことなのですが、便秘対策として水分をこまめにとる、食物繊維や乳酸菌をとる、運動をすることで改善されると言われています。

いずれもできないのがつわりの時期で、妊娠3か月ぐらいの頃は水であろうがなんであろうが口にしてもすぐ嘔吐していました。運動をするどころか立っているのもやっとの状態で、ほとんど寝て過ごしていました。

お腹が空っぽに近い状態なので出るものも出ないのですが、ゼロではないので出たいこともあります。しかし、トイレに行ってどんなにがんばっても出ません。このときに初めて便秘の辛さを味わいました。

つわりが終わると食欲も出てきて、運動もするようになるのでしばらくは便通も良かったです。しかし、子宮が大きくなるにつれて今度は腸が圧迫されて便秘気味になってきました。水分、食物繊維、運動、どれをやっていてもトイレには一苦労でした。

妊婦健診の際に医師に相談したところ、便秘薬を出してくれましたが、初めて飲んだからなのか、効きすぎたようでかなりお腹が緩くなり、それはそれで困りました。

臨月にはいきめば胎児が出てきてしまうのではないかという不安、産後は会陰切開の傷が気になるなど、大便を我慢していたことで便秘気味になりました。しかも、完全母乳だったので授乳中は体中の水分が吸い取られるような感じがするほどで、いくら水分補給をしても間に合わないぐらいでした。また、腹筋が衰えていたのでトイレでいきむのも一苦労でした。

そうこうしているうちに、子どもが動き出して目離しできなくなったり、後追いが激しくなってトイレにも行けない状態が続きました。「出したいときに出せない」というのは精神的にも肉体的にも辛かったです。

私の友達も便秘に苦しんでいる人がいて、妊娠してもいないのに便秘のせいで吐き気を感じることがあるようです。便秘が原因の吐き気を解消する方法があるので、もし私もそこまで酷くなったならやってみたいと思います。

とにかく便秘はつらいですよね(T_T)

 

燻製醤油が我が家でブーム!

日記

最近我が家でマイブームな事は、燻製醤油と燻製オリーブオイルです☆お誕生日にいただいたのですが、木の箱に入っていて、ボトルにはクマさん?のマークが入っていてとってもかわいいんです。

どこのお店のかな?と思って調べてみたら。風の仕業グループの『煙事』さんというところの物でした。燻製醤油なんて初めてだったので、どうやって使おう?と悩みましたが。箱を開けると、おススメの使い方が書いてありました!卵かけ御飯や魚、肉と、なんでも使えるみたいなんですが。

まずは卵かけ御飯にチャレンジ。燻した香りと味がちゃんとして、ちょっとかけただけなのに、なんだか高級な感じがしました。旦那さんも「これはおかずがいらないね!」と、お代わりしていました(^○^)。

料理するのがめんどくさいなーって時は、肉を焼いて蜂蜜と燻製醤油で味をつけただけで、ちょっと手間をかけた料理みたいになるのでおススメです。

燻製オリーブオイルは、野菜を焼いてサラダ感覚で食べるときに使ってます。この前はトマト鍋をするときに、鶏肉を燻製オリーブオイルで焼いてから鍋にしたら、すっごくコクが出て美味しかったです( ´ ▽ ` )。

普段はごはんを食べても「美味しい」と言わない旦那さんですが、燻製醤油と燻製オリーブオイルを使った料理の時だけは「美味しい」と言って、ごはんもお代わりしています。

最近では、この食材に使ったらどうか?とか、この組み合わせはどうか?とか。料理に全く興味がなかった旦那さんが口を挟んでくるようになりました。

エビとカマンベールチーズを燻製オリーブオイルで焼けば、ちょっとしたおつまみになるし。プリンを作るときに隠し味で燻製醤油を入れたら、みたらしみたいな味になって美味しかったです

。燻製醤油のおかげで、旦那さんも家事に協力的になってくれたし、燻製醤油様々です(*^◯^*)。最近ではなくなりそうな頃になると、「そろそろ買わなきゃじゃない?」と言ってきます。ネットで買えるので、これからも愛用していきます。

ブラ無しでも全然大丈夫なレベルの貧乳でした

日記

胸が小さ過ぎて悩んだり困ったりした事、多々あり過ぎました…まな板状態レベルの貧乳だったんですよね( ̄ω ̄、)

そんな中で、主に服装に関してですが、まず、肩紐の無い服装はしたくても出来ませんでした。
主に結婚式に御呼ばれする時ですが、パーティードレス(特に夏用)って結構肩紐の無いドレスもあったりするんですが、当然の事ながら貧乳…いや、まな板レベルなので着用出来ませんでした。

試しにデパート等で購入するにあたって、無理なのは百も承知で無謀にも試着にチャレンジしてみるものの、肩紐の無いドレスタイプは着た瞬間に胸からするりと下降して床に落ちてしまっていたんですよね(ノ◇≦。)

あと、普段着でも、ベアトップやチューブトップの格好はまず不可能な感じでした。
夏場にファッションとしてベアトップやチューブトップが流行った時には、一体どうしてくれようかと激しく悩んだくらいです(TwT。)
胸元の大きく開いたワンピース等もかなり危険度が高まります。
そういった服装の時は通常のブラジャーが着用出来ないので、ヌーブラ等を使用するのだと思われますが、そもそもヌーブラそのものが上手く着けられなかったんです。

一応、何かの時の為にヌーブラを一着購入して持っていたのですが、あまりにも胸が小さ過ぎたので、ヌーブラに元々無い胸を無理やり集め寄せてきちんと収めるまでに一苦労し、仮に上手く装着出来たとしても暫くすると無残にも剥がれ落ちたりしていました∑( ̄Д ̄;;

あと、水着も限定されてしまっていて、特にビキニタイプは胸の小さい女性にとってはかなり難易度が高くなります。
過剰にパットの入ったかつワイヤータイプのビキニではないと、ずり落ちたり、そもそも格好がつかないので貧乳は水着選びも一苦労であります( ̄Д ̄;;

…最後に、これはうっふりな場面になってしまいますが、男女でお泊り等でシャワーを終えた後に、バスローブではなくバスタオル一枚を胸の箇所で留めて身体に巻き付けるのが…かなりの難儀技であります。

そもそも胸が無いのでバスタオルが胸でつっかかってくれなくて巻き付けられず、お相手の男性をイライラもしくはじれじれさせてしまいます。
勿論、私自身もバスタオルがなかなか身体に巻き付いてくれなくて、かなり焦ってテンパっていたのではありますがヽ`(~д~*)、ヽ`

こういった点だけでも…胸が小さくて困ったり悩んだりする事は、大いにあり得る事だと思われます、とほほほ。

でも、ある時、まな板の胸でも大きくする方法を見つけて、やってみたら意外と大きくなっちゃったんですよね(^^)巨乳とまではいきませんでしたが、それなりの大きさになれました。何でもやってみるものですね。

胸がまな板みたいでも諦めなければ何とかなるものですよ(*^^*)

インスタのフォロアー数が激増!

日記

インスタグラムでママ友達と一緒に撮影するのがマイブームです。

若い子達の間でいうBFFスタイルっていうんですかね。海外ファッション雑誌とか、ネットサイトでも取り上げられ、けっこう前から流行しています。

仲の良い友達同士て、お揃いの洋服を着たり、ヘアスタイルやメイクを同じものにすることで、双子みたいなイメージを演出するのが特徴です(´ω`*)

ミサンガやネックレス、指輪やタトゥーシールをお揃いで付けて、写メを撮ってインスタグラムにのせる人もいたりして面白いです。

なんちゃってBFFスタイルをのせるようになってからは、インスタグラムのフォロアー数がものすごく増えました。

最初の倍以上の人数になり、可愛いとか美しいなどのコメントもたくさん貰えるようになりました(*^^*)

最初は親友と2人だけで始めたのですが、人気が高くなってからは7~8人で撮影して、より迫力のある写メを撮るようになったのです。

基本的にはママ友達だけという感じですが、観る人が飽きないように旦那達にも時々参加してもらっています(/・ω・)/

男同士でBFFスタイルで撮影すると、各国の美容師とかフォトグラファーがいいねを押してくれるそうですね。

今ではひとつのサブカルチャーとして有名になっているので、私達の他にも可愛いスタイルで撮影している人はかなり多いです。

そういうお洒落さんをフォローして真似したりするのが、仲間内の間でブームになっていますヽ(^。^)ノ

ハッシュタグに「お洒落さんと繋がりたい」というキーワードを必ず入れるようにすると、より多くの人の目に触れるので重要ポイントです。

何となく面白そうという好奇心から始めましたが、意外とハマってしまい、洋服を買うときはママ友達を誘って色違いで購入するのが癖になっています。

写真を撮るために新しい服やバッグなどが欲しくてたまらない衝動にかられて、お小遣いが飛んでしまうこともあります(゚Д゚;)

でも一度やり始めると止まらないし、とにかく楽しいのでこれで良いと思っています(*^▽^*)

ママ友達どうしの絆も深くなり、世界中の人達に笑顔を見せられるのが素敵なことです。

もうしばらくはなんちゃってBFFスタイルのブームが続きそうな気がしています(^◇^)

 

特別な日に限って出てくる吹き出物!

日記

私は小鼻の横や口の周りに吹き出物が出ることがあります。たまにしか出ないのですが、出るときはかなり広範囲で赤くなったり、痛みが出たりします。

この吹き出物、大抵、人生の大きなイベントがあるときに出現します。大学生のときは、まだそんなに出たことが無かったので対処法がよくわからず、卒業式前に出た時には潰してしまいました。けっこうな大きさだったので流血するし、かさぶたも残り、化粧ではカバーできませんでした。卒業式と言えば記念撮影がつきもので、たくさんの人数で撮ったものは口元にほくろがあるかなぐらいにしか見えないのですが、アップで撮ったものは修正してほしいほどでした(TT)

その後、潰してから傷薬を塗ると治りが早いということに気づきましたが、小鼻の横に出るタイプは潰せるようなものではなく、ボコッと出て見た目も悪いし、何より痛みが強いので厄介です。こちらはファンデーションなどで隠すことができますが、毛穴に化粧品が入るのがよくないようでさらに痛みが増してしまうこともありました。化粧をしないと赤みがひどいので外に出るのも嫌になります(TOT)

社会人になってからも入社式や結婚式など、イベントの度に出るので精神的なものなのかなと思っています。早く出てくれれば早期に対処して当日は目立たなくすることができるのですが、前日、または当日に見つけてしまうとがっかりしてしまいます。周りから見たら小さなものでも、本人にとっては気になるもので、本来なら楽しめるはずのイベントもどこかで人の目を気にしてしまって落ち着きません。

先日は、娘の七五三の記念撮影の日の数日前になって、口元に赤い吹き出物が出てしまいました。いつものように潰して傷薬を塗ったのですが、30代も過ぎると、肌の回復力が遅くなったように感じました。メインは娘なので、一緒に撮る写真は数枚でしたが、データチェックのときにやはり見えてしまっていたのでがっかりしてしまいました。
できあがった写真は修整をかけてもらい、傷跡は残っていませんでしたが、後々まで残る写真のときは気をつけたいと思います(^_^;)

 

ページの先頭へ